15,000円(税込)以上で
日本全国 送料無料

代金引換コンビニ決済郵便銀行
お支払い方法一覧
  • RSLジャパンを創業する前の話とか。実は、皆さんご存知の●●という会社で働いていました。

    こんにちは、RSL社長です。

    10月最終日、日曜ですね。朝から選挙の投票に行ってから、ジムで筋トレして7キロほど走ってきました。爽快です。もうね、僕...48歳の中年おっさんなんですよ。ただ、メタボ体型になるのはイヤなんです。。なんか、残念組に入部してしまった感がして。あと、この歳になると健康の大事さを痛感しますからね。

    ジム

    RSLジャパンを創業した28歳の頃と比べると、体力は明らかに落ちています。あの頃はあまり寝ずに仕事バリバリできましたしね。

    さて、せっかくなので、僕がRSLジャパンを創業する前の話でもしましょうか?

    僕ね、27歳の時、ゴーセン(GOSEN)っていう会社で働いていたんですよ。知ってますよね、ガットのゴーセン。社員ではなく、派遣社員で半年間だけですけどね。20年以上前のことです。

    当時のゴーセンは、スポーツ用品部・産業資材部・釣り具部・ゴルフ部・貿易部っていうのがあって、僕は、貿易部で働いていました。海外からラケットやシャトル、産業資材などを輸入する仕事です。

    ちなみに、僕、貿易実務得意なんですよ。というのも、20代前半ってほとんど海外にいたんです。イギリスとかタイとかで働いていました。で、帰国して、派遣でゴーセンという感じです。

    RSL社製のシャトルに魅せられたのもその頃です。もう時効だと思うのでいうと、当時のゴーセンの最上位の一種検定シャトルは、RSLで作ってましたので。もちろん今は違いますよ。

    というか、もうねーー、当時のゴーセンの皆さんは、人柄が良すぎて最高でした。各部署の部長や課長に、毎晩のようにご飯に誘っていただき、めちゃんこ楽しませていただきました。仕事の話はまったくしませんでしたね。懐かしいです。

    ●追伸:
    僕はそこから、経営者になってシャトル一筋20年。「どうやって日本でRSLシャトルを広めていくか?」ばかり考えています。品質が良いのは当然として、それだけでお客様に買っていただけるわけではありませんからね。

  • ハッピーハロウィン!!素敵な一日をお過ごしくださいねー

    ハロウィンのバドミントンシャトル

  • シャトル出荷の話とか、「結果とプロセス、どっちが大事??」とか

    こんにちは、RSL社長です。

    10月に入ってから少しずつご注文が戻ってきました。50本単位のご注文が増えてきましたね。スタッフも喜んでいます。ちなみに、今日の出荷はこんな感じ。RSLダイレクトだけで、あわせて600本ほどご購入でしたね。

    シャトルご注文出荷

    さて、緊急事態宣言中は、バドミントン活動が完全に制限されていたので、うちの会社も大打撃を受けました。半減どころか、シャトル出荷量が90%減の月もありましたからね、痛すぎです。なかなかな衝撃でした。

    20年前、僕が28歳の時にRSLジャパンを創業して以来、これほどまでに

    「ヤバっ! Σ( ̄□ ̄|||)」

    って思ったことはないですね。すかさず、自分のお給料めちゃんこ下げましたよ。一応、経営者ですからね。

    よくあるじゃないですか、「結果とプロセス、どっちが大事??」っていう話。

    僕はね、思うんですよ。「結果(成果)を出さない限り、プロセスが陽の目を見ることなんてない」って。原因がコロナであろうが何であろうが、成果が出なかったら真っ先に自分がケツを拭くことが大事ですね。

    それはともかく、今はまだまだコロナ前の出荷量にはほど遠いですが、毎日アイデア出して即実行・改善を繰り返していくのみですね。皆さんも大変かもしれませんが、ともに頑張っていきましょうね。

    ●追伸:
    そういえば、20年前にふと、ファーストステップというシャトル名を思いついたこと、思い出しました。今や多くのプレーヤーに使っていただけるロングセラーになりました。感慨深いですね。自分が作った商品が広まっていくのは、何とも嬉しいものですね。

ページの先頭へ